耐震住宅の建築

 

『耐震等級をご存知ですか?』

 

昨今、よく目にする「耐震」や「地震に強い家」などのフレーズや「この家は地震に強くできていますから・・・」などのセリフ。

一体何を基準に表現しているのか非常に曖昧で、なかなかピンと来ないと感じておられる方も多いかと思います。

実はそれらを適正に判断する為の一つの目安として、『耐震等級』という基準がある事をご存知でしょうか。

平成12年に制定された品確法では、建築主の人が、耐震性を判断する目安となるように3段階の耐震等級が表示されました。等級1が現在の建築基準法と同じです。そして、等級2、等級3となるほど建物の耐震性は高くなります。

よって現在の木造住宅における最高等級は『耐震等級3』となります。

下の表は各耐震等級別の目安です。

 

 

この耐震等級は、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊せずといった表現で非常にわかりにくい表現ですが、言い換えれば、建築基準法ギリギリの建物の場合は震度6~7程度の地震に対して倒壊や崩壊はしないが、損傷をうける可能性はある。と読み替えた方が良いかも知れません

大切な家族や自分自身の毎日を守る家。金銭面においては人生最大の決断と言っても過言ではない住宅建築。せっかく建てた家が地震によって損傷を被ることなど誰もが避けたいと思うはずです。

曖昧な表現が横行している世の中ですが、私どもアチーブホームは、『耐震等級3』の家をご提案しております。

 


 

お客様のご予算・希望間取りに合わせ注文建築を施工しております。ご希望エリアの土地を紹介しベストなプランを提案いたします。

 

特徴

 

1.不動産屋ならではの土地の情報をもとに、ネットや広告では見つからない土地情報を提供いたします。

 

2.ハウスメーカーレベルの質の高い木造住宅を予算で実現いたします。モデルハウスや広告宣伝等の経費を抑えていたり、必要に応じ分離発注にしているため余分な費用を削減しています。

 

3.安心の耐震等級3でご提案いたします。(間取りにより等級2になることもあります)

 

4.新築中古を両方扱っている弊社ならではの、建物の良し悪しをお伝えいたします。建て方により築後10年の状態は雲泥の差があります。建築現場や完成現場をご案内いたしますので、ぜひご覧ください。

 

 

5.弊社では従来の在来工法より強い、特殊金物を使ったIK工法でも建築しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社では、建物は勿論「地盤」についても保証の対象となります。

 

 

   

 

 

目次へもどる